FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆者の「搾乳夫人」がweb版コミック激ヤバ!Vol.46」に掲載販売、始まりました♡

筆者最新作の「搾乳夫人」
メディアックスさんの
「WEB版コミック激ヤバ!Vol.46」
掲載,販売始まりました♡
















上記URLからダウンロード購入できます♡

熟女2人が登場しますが、
2人のHなコスチュームや唇のエロい感じなど
楽しんで頂ければ、と思います♡

特にフェ〇シーンの唇(ルージュ)は
艶めかしく描いておりますので
ご覧頂いて、コメントなど頂けると嬉しいです♡

これらのwebマンガもよろしくお願いします。
筆者の既刊のHマンガです。
やはり熟女が多いです♡
濃厚度は満点だと思います♡

さて、ここからは、筆者の趣味のモデルガンですが
今回は、タナ〇のP226を紹介したいと思います


アンダーレールなどのない
初期のヘビーウェイトモデルです。

購入してから10年ほど経ちますが、
その後、バレルを塗装したり
チェンバー
(この言い方は、GU〇誌を読んでいた影響です)
を、染め直したりして、
リアル感を出す工夫をしています。

特にチェンバーカバーは、
ブラックのメッキに違和感があったので、
ブルー液で染め直したのですが、
メッキを紙やすりで削り、
亜鉛合金の地肌を出すのに
難儀した記憶があります。
つや消し仕上げにしたかったので
アルミブラックを使用しました。

このモデルは、米国のアクションドラマなどで
よく登場するので、
チェックしてみると面白いですよ♡
グロックに押されぎみという感じもしますが・・・
(ドラマや映画では、空砲作動させるために、
 チェンバー前部のスライドと噛みあう部分が
 削られているので銃のアップで、
 その辺を確認する事が出来ます。
 それだけでは空砲作動しないと思うので、
 銃身にチョークのような詰め物がしてあると
 思うのですが、最近は、その辺を確認できる
 ドラマ、映画がほとんど無くなりましたね。
 リアルになったという事でしょうね。
 しかしなぜかチェンバー前部の削りは相変わらず
 結構雑に削られているのが、若干気になります。
 アップの場面だけでも、加工されてないものを
 使用するのは、やはり危険という事でしょうか)

趣味の話ばかりでしたね・・・ごめんなさい

現在、執筆作業の方は、トーン作業が
佳境に入っておりまして、
もしかしたら、1週間ほどブログの更新が
出来ないかもしれませんが、
その際はご容赦ください

それでは、
皆様風邪などに気をつけてお過ごしくださいませ♡
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

森谷誠と申します♡H漫画家です♡仕事の事、趣味の事、色々書いていきたいと思います

森谷誠

Author:森谷誠
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
いらっしゃい♡
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。